Over37を健やかに美しく

元舞台女優マリエのhealth&beauty戦記

痩身エステ体験記

エステでどう痩せる?カウンセリングで明確になった道

たとえば生理痛一つをとっても、症状が重い人と軽い人、ほぼ感じない人がいるように、私たち女性の体質は一人一人まったく異なります。

それは太り方にも言えることで、柔らかいお肉の付いている人もいれば、固太りの人もいる。
あるいはただただむくみが酷くて、太っているように見えるだけの人もいます。

すると採用すべきダイエットの方法も当然変わってくるので、痩せたいなら自分の身体の状態を正確に知っておくことが重要です。

 

「痩せにくい体質」とは?―代謝を妨げるカラダの問題

私の体質は、現代女性に多い問題をほぼ網羅しています。

低体温で低血圧、貧血だし極度の冷え性です。

血圧以外は食生活や生活習慣でなんとか改善しようと長年がんばってきたのですが、残念ながらまだ結果は出ていません。

痩せようと思った時に立ちはだかった壁は、この中の低体温と冷え性でした。

なぜこの二つが障害になるかと言うと、代謝を妨げるからです。

 

では、そんな体質の私に最適なダイエットとはどのようなものでしょうか?

とあるエステの体験コースを受けて、カウンセリングで提案された内容を紹介します。

似たような体質の方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

エステ施術前のカウンセリング

私が申し込んでいたのは、「新ラジオ波&キャビテーション+ハンドマッサージ 計90分¥3500」のコースです。

施術する箇所は<お腹・脚・二の腕>から一つを選びます。

私はとにかく脚の付け根のお肉が気になっていることを伝え、太腿を選択しました。

 

痩身エステは施術が好ましくない体調もあるので、まずは身体の調子に問題がないことを確認します。

そしてこれから受けるコースの内容、私の場合はキャビテーションとはどのようなものであるのか、どういった仕組みで痩せるのか、という説明がありました。

でもこの時はまだ、半信半疑でエステティシャンのお話を聞いていました。

 

エステ施術後のカウンセリング

プロのエステティシャンに実際に身体をチェック&トリートメントをしてもらった後では、提案の内容はより具体的になります。

 

まず私の太り方ですが、二年の療養&引きこもり期間に脂肪がついたのもありますが、血行不良による頑固なむくみもそうとう酷い状態とのこと。

そのためまずは固まったお肉を柔らかくほぐしていくことが重要だそうです。

そしてこの状態には、脂肪を溶かして分解していくキャビテーションがぴったりでした。

溶かすだけでは体内に留まってしまうので、排出を促すためにハンドマッサージもセットになります。

 

また私は、怪我とその後遺症で運動ができない間に、筋肉の量がものすごく減っていました。

現役で舞台に立っていた頃は踊りありアクションあり、むしろ筋肉質なほうでしたが、悲しいことに二年もあれば身体は変わります。

筋肉は代謝を助けるものなので、私は本当に痩せにくい体質になっていたのを知りました

 

そこで、キャビテーションで痩せやすくなった頃に、EMSを追加することを提案されました。

EMSは「Electrical Muscle Stimulation=電気による筋肉刺激」の名の通り、電気信号を流して筋肉に刺激を与え、収縮させることで運動効果を得るものです。

つまり筋肉を鍛えてくれるマシンなので、私のように運動制限がある人にはぴったりなのです。

なるほど、いかに痩せていくかの道筋が見えてきました。

 

カウンセリングで大事なのはイメージの共有!

このように、サロンでどう施術を進めていくかの計画を聞くことで、今後のイメージが具体的に湧いてきました

エステというちょっと高額な買い物をするには、「この金額を出す価値がある」という確信が必要です(そうじゃない方も多いと思いますが)。

でも一度のキャビテーション体験でちゃんとサイズダウンできた(詳しい数値など詳細は次の記事に書きます!)ので、「よし、これなら確実に痩せられる!」と信じることができたのでした。

 

漠然とした不安の中から一歩を踏み出すのは難しいですが、明確な成功イメージを持つことで、人は力強く歩き始めることができます

 

もう一度、痩せてキレイになることができる!

そうはっきり思えたことで、私はエステ通いを決断することができました。

 

そしてカウンセリング最大の収穫は、「自分はまだ頑張れる」と思えたことでした

 

-痩身エステ体験記

ダイエット