Over37を健やかに美しく

元舞台女優マリエのhealth&beauty戦記

管理人マリエより

 

はじめまして!

「OVER37を健やかに美しく」の管理人・マリエと申します。

37歳という数字をタイトルに付けた理由は、私自身、この年齢で身体の変化を最も実感したからです。

それはもう「突き付けられた」と言っていいほどショックな変わり様でした。

 

具体的に説明しますと、まず代謝が落ちて痩せにくくなりました。

1kgや2kgなら簡単に落とせたのに、それができなくなるのです。

これから詳しく綴っていくつもりですが、たった4kgのダイエットに本当に苦労しました。

大学卒業から35歳まで芝居や踊りの舞台に立ち続けていた私にとって、身体の管理は決して不得意分野ではありません。

ところが怪我で引退してからというもの、体重はもとより身体のあらゆるラインをコントロールすることができなくなってしまいました。

 

年齢のせい、というのもあるでしょう。

でも周囲を見渡せば、自分より年上でも美しい体型を保っている女性は沢山います。

怪我で運動ができなくなったため、というのもあるかもしれません。

でもやっぱり、運動せずとも綺麗な方は沢山いるのです。

 

実を申しますと、舞台を降りてから私は一気に5kg近く太ってしまいました。

色々なことが重なり人生で最も沈み込んだ時期であり、それまで特に好きでもなかったスイーツに頻繁に手が出るようになった一方、元々好きだったお酒の量は減らせませんでした。

これでほぼ引きこもりのような生活をしていましたから、増量街道まっしぐら!

太って当然ですね。

 

体型が緩みファッションやメイクにも疎くなり、美容とは無縁の生活が二年近く続きました。

そうしてある日、鏡を見て愕然としたんです。

「私、醜いな」って…!

 

それは単に体重が増えたからではなく、筋肉が落ちてボディラインがたるみ、表情にも覇気がなくなっていたからでした。

「好奇心と行動力のかたまり」と言われていた頃の自分とは、完全に別人のよう。

よく学びよく働きよく遊んだ35歳までの人生には全く悔いがありませんが、そこから37歳までの二年間には悔いしかありません。

「私はいったい何をしていたんだろう…?」

愕然としました。

 

舞台を引退してからの私は、オンラインで英会話を教えたりライター業を始めたり、完全なる在宅ワーカーです。

このこともあって家から出なくなっており、「だからきれいじゃなくていいや」という思考回路に陥っていました。

ただ、痩せようと思えばすぐに痩せられると思っていたんです、この頃までは…。

 

ところが、久しぶりにダイエットに本腰を入れようとしても、なかなか頑張れない自分がいます。

「あんなにストイックだったのに…」

色々と諦めた生活をしているうちに、いつの間にかメンタルまで弱っていたのです。

 

それでも甘い物とお酒の量を減らすことで、最初の1kgはあっさり落ちたほうだと思います。

しかし後が続きませんでした。

脚にちょっとしたバクダンを抱えているので、運動も制限されています。

 

そこで私はプロの手を借りることにしました。

それまで美容にお金をかけたことはありませんでしたが、意を決してエステに通うことにしたのです。

結果として、これが自分自身を変えるきっかけになりました。

お金をかけたこと、信頼できるエステティシャンに会えたこと、そして応援して頂いたことで、久しぶりに「頑張りたい!」という意欲が内側から湧いてきました。

エステは結果が早く出るので、それがまたモチベーションにもなります。

「もっと、もっと」という思いをキープしたままちょうど半年が過ぎ、この期間の変化を振り返った時、このサイトを立ち上げようと決意しました。

 

まだ理想には達していませんが、半年で私は容姿も中身も変わりました。

体重を落としてボディラインが元に戻りつつありますし、トレーニングをして健康的になりました。

そして何より、メンタルも持ち直しました。

 

きれいになる方法には、お金のかかるもの・かからないもの、辛いもの・ラクなもの…様々なものがあり、人によって向き・不向きがあります。

私はこの間、エステ以外にも本当に様々なことにチャレンジしてきました。

これらの経験を活かし、身体や心の変化に苦しんでいる方、本気で頑張りたい方の参考になるサイトを創り上げていきたいと願っています。

一人の女性として、そしてライターとして、偽りやただの広告記事は書きません。

すべてが実体験に基づくものですので、安心してご滞在くださいね。

 

それでは、この場をどうぞ末永くよろしくお願いいたします。

 

マリエ

 

ダイエット